ソニーが有機ELスマホを来年投入

エクスぺリア上位機で

 ソニーは2018―19年に投入するスマートフォンの新モデルに有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)ディスプレーを採用する検討に入った。ソニーのスマホ事業は構造改革を経て、高付加価値路線にシフトした。鮮明さやフレキシブル性能を実現できる有機ELディスプレーを採用し、ハイエンド層でのシェアを拡大する。

 有機ELを採用するのは、ソニーモバイルコミュニケーションズ(東京都品川区)のスマホブランド「エクスペリア」の上位機種を軸に検討している。ディスプレーの進化に加え、中央演算処理装置(CPU)やバッテリーなどの性能も高め、競合他社と差別化する。

 スマホ向け有機ELディスプレーを量産するのは現在、韓国サムスンディスプレイだけだが、18―19年にかけて韓国LGディスプレイやジャパンディスプレイなどが量産に踏み切る見通し。ソニーも調達に向け、これらのディスプレーメーカーとの調整に近く、入るとみられる。
<全文は日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>


日刊工業新聞2017年1月11日

明 豊

明 豊
01月11日
この記事のファシリテーター

せっかくプレステVRで可能性を広げたソニー。スマホでのVR展開をどう描いていくか。市場ではAndroid 7.0で提供されるグーグルの新しいVRプラットフォーム「Daydream」の搭載機種が今年から増えてくるだろう。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。