「世界最強」の磁器材料、佐賀で誕生。強度は一般磁器の3-5倍

県の窯業技術センターが食器など向けに開発

 佐賀県窯業技術センター(佐賀県有田町、一ノ瀬弘道所長、0955・43・2185)は、給食用などとして使われている強化磁器の1・5倍の強度を持つ磁器材料を開発した。一般の磁器と比べた強度は3―5倍。同センターでは「世界最高強度の磁器材料」としている。

 曲げ強度は350メガパスカル(メガは100万)。一般磁器と同じ1300度Cの焼成温度や製造工程で作れる。磁器は基本的に骨材とガラスで構成し、ガラスに気泡が存在する。気泡は破損の元となり強度を高める妨げとなっていた。今回、焼成時に気泡を小さく、少なくして高強度を実現した。

 縁を薄くするなど多様なデザインの製品開発がしやすくなる。また給食用とした場合、破損による買い替え頻度が減り、ランニングコストの低減につながる。

日刊工業新聞2016年1月6日

斉藤 陽一

斉藤 陽一
01月11日
この記事のファシリテーター

 従来の焼成温度や製造工程で作れるということは、大規模な追加投資を必要とせずに技術を導入できるということであり、メーカーにとってこれほどうれしいことはありません。それにしても「世界最強」という言葉の響き。プロレス・格闘技マニアの血が騒ぎました。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。