三菱電機、車線維持システムを国内自動車メーカーに納入へ

17年度から。「レベル3」の自動走行も実証開始

 【米ラスベガス=錦織承平】三菱電機は2017年度から国内自動車メーカー向けに車線内走行維持システムの納入を始める。カメラで白線の位置を検知し、電動パワーステアリングを制御して、高速道路などの車線内を自動走行する。20年度までに自動駐車や自動ブレーキなどのシステムも量産する。開発済みの運転者支援システムとともに国内外の車メーカーに提案し、車載用システムで20年度売上高100億円以上を目指す。

 車線維持システムは白線が見えにくい環境でも独自の補正技術で白線を検知でき、渋滞時は前方車両への自動追従機能と連携して車間距離と車線内走行を維持する。20年度までにリモコン式自動駐車、夜間対応自動ブレーキ、自動パワステ制御といった自動運転システムも量産を始める。

 運転者支援システムは車内カメラなどを使って運転車の心拍や居眠りなどの状態を検知するほか、手の動きによるジェスチャーを検出してオーディオやカーナビを操作する。

 17年度中にこれらのシステムと、衛星測位技術を使った高精度3次元地図システムとを連携させ、ドライバー監視下で運転責任はすべてシステムが担う「レベル3」の自動走行機能の実証実験を車メーカーと協力して始める。

日刊工業新聞2017年1月9日

明 豊

明 豊
01月09日
この記事のファシリテーター

三菱電機の車載事業は6000億円程度とみられる。ホンダやGM。欧州メーカーとも取引が多い。今後、特に情報系はパイオニアを通じホンダとのつながりが深い。今後、どの完成車メーカーと協業を深めていくか注目だ。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。