アナリストが予想する「2017@テクノロジートレンド」

ガートナー・リサーチ部門バイスプレジデント兼最上級アナリスト 亦賀忠明氏

 前回はベンチャーキャピタル(VC)が予想する2017年のテクノロジートレンドを紹介しましたが、製品やサービスを提供する企業および組織は、具体的にどういった新しい概念やキーワードに注意を払うべきなのでしょうか。そこで、今回はアナリストからみたテクノロジートレンドとして、ハイテク調査会社のガートナーがまとめた「2017年の戦略テクノロジートレンドのトップ10」について見てみます。

<関連記事>
シリコンバレーVCが予想する2017テクノロジートレンド


 このテクノロジートレンドは、破壊的で大きなインパクトを持っていたり、今後5年間で重要な転換点に達したりするとみられるものから10個を選び出したもの。

 ただ、これからの時代、企業にとってトレンドを押さえておくだけでは不十分なようです。ガートナーのリサーチ部門バイスプレジデント兼最上級アナリストを務める亦賀忠明さんは、「こうしたデジタル時代のトレンドをまず企業の経営層がしっかり理解することが大事。そして中長期の戦略のもと、優秀なソフトウエア人材の確保も含めて具体的な行動に落とし込みながら、高付加価値のビジネスへと転換を図っていくべきだ」と強く訴えます。
亦賀氏

三つにカテゴリー分けされた10のトレンドは以下の通り。

【1】インテリジェント


(学習しながら環境や変化に適応するようプログラムされたシステム)

1.人工知能(AI)と高度な機械学習
 AIがロボットや自動運転車、家電などに実装されるほか、幅広いメッシュ・デバイス、既存のソフトウエア、サービスソリューションに埋め込み型のインテリジェンスを提供する。

2.インテリジェントなアプリ
 仮想顧客アシスタント(VPA)など人間が行ういくつかの仕事を実行し、日々の作業を効率化する。家電製品がマイクロプロセッサーを搭載したのと同じように、今後10年間で事実上すべてのアプリ、サービスは一定レベルのAIを導入するようになる。

3.インテリジェントなモノ
 周囲の環境や人と自然にやり取りする物理的なモノが増える。ドローンや自動運転車、スマート家電の普及に伴って、こうしたインテリジェントなモノは単独で稼働するのではなく、複数機種による協調モデルにシフトする。

【2】デジタル


(デジタル世界と物理的な世界を融合しデジタル的に拡張された環境を作り出す)

4.仮想現実(VR)と拡張現実(AR)
 VR/ARの没入型テクノロジーについて、消費者向けおよびビジネス向けコンテンツ、アプリケーションは2021年までに劇的に進化する。複数のモバイル、ウエアラブルデバイス、IoT(モノのインターネット)、それに多数のセンサー、会話システムの存在する環境で、没入型アプリケーションを個人単独ではなく、複数の人間で同時に楽しめるようになる。

5.デジタル・ツイン
 物理的なモノやシステムについて、センサーからのデータを使い、状態の把握や変化への対応、運用の改善、付加価値の提供を行うソフトウエアモデルのこと。米GEなどでの取り組みが先行する。

 2020年までに配備されるIoTセンサーとエンドポイントの数が210億個を超えるとガートナーは見込んでいて、その時点では何十億ものデジタル・ツインが存在している可能性がある。

6.ブロックチェーンと分散型台帳
 ブロックチェーンはビットコインに代表されるように、価値交換取引が連続的に「ブロック」にグループ化された分散型台帳の一種。各ブロックは前のブロックに連結され、暗号化信用保証の仕組みを取り入れながら、ピア・ツー・ピア・ネットワーク全体にわたって情報が記録される。

 とりわけ金融サービス関連で話題を集めているが、そのほかに音楽配信やID検証、タイトル登録、サプライチェーンといったアプリケーションが考えられる。中南米のホンジュラスでは、ブロックチェーンを利用して安全な土地権利記録システムを構築している。

<次のページ、7~10+X>

日刊工業新聞電子版2017年1年9日

  • 1
  • 2
藤元 正

藤元 正
01月09日
この記事のファシリテーター

来たるべき製造業とサービス業のデジタル革命に向けて、皆さんの会社の準備は大丈夫ですか?

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。