日本初の「A320neo」、ANAが1月から国際線に投入

「エンジンがパワフル。エアバス機は良く出来ている」

 全日本空輸(ANA/NH)が国際線に投入するエアバスA320neoの初号機が12月17日午後5時8分、羽田空港に到着した。国内の航空会社が受領した最初のA320neoで、国内線に不定期投入後、2017年1月から中国線など近距離国際線に就航する。

 A320neo(ニュー・エンジン・オプションの略)は、小型機A320の発展型。新型エンジンと大型のウイングチップ「シャークレット」を取り付けたことで燃費を15%以上改善し、2020年までに20%へ引き上げる。航続距離は6280キロ、最大離陸重量は79トン、最大運用高度は1万2100メートル(3万9698フィート)となっている。

 ANAは2種類あるエンジンのうち、米プラット・アンド・ホイットニー製「PW1127G-JM」を選定。PW1100G-JMは、三菱航空機が開発中の「MRJ」が採用したものと同じ仕組みの「GTF(ギヤード・ターボファン)エンジン」で、ギヤを介してエンジンファンの回転数を制御することで、低燃費と低騒音を実現している。

 ANAを傘下に持つANAホールディングス(ANAHD)はA320neoを7機、長胴型のA321neoを26機発注。A320neoは2018年度にかけて、A321neoは2017年度から2023年度に受領する。A320neoは、全機が国際線仕様機となる。このほかに、国内線用としてA321ceo(従来型A321)を4機発注しており、今年11月12日から就航している。

ビジネスは大型機と同じく電動シート採用


                 

 座席数は2クラス146席で、ビジネス8席とエコノミー138席。1列あたりの座席配列は、ビジネスが2席-2席、エコノミーが3席-3席で、ビジネスは中長距離路線で使う大型機と同様、電動シートを採用。エコノミーは座面を低くすることで、小柄な人でも足つき性を良くした。

 また、エコノミーを含む全席に、最新型の機内エンターテインメントシステム(IFE)や電源コンセント、充電用USB端子を設け、大型機並みの装備を小型機にも展開した。

 シートピッチはビジネスが50インチ(127センチ)で、エコノミーが31インチ、シート幅はビジネスが20.3インチで、エコノミーが17.5インチ、リクライニングする角度はビジネスが127度、エコノミーが110度。シートメーカーは、ビジネスがレカロ製、エコノミーがゾディアック・シート・US(旧ウェーバー)製を採用した。

 IFEは、ANAでは初採用となるゾディアック製「Rave」。タッチパネル式モニターはビジネスクラスで12インチを採用するなど、従来よりも大型化した。また、機内インターネット接続サービス「ANA WiFi サービス」にも対応している。

 羽田に到着した初号機は、11月25日に製造され、12月15日(日本時間16日)に独ハンブルクで引き渡された。
              

ピーチも置き換え進める


 機体を空輸するフェリーフライトの便名はNH9398便で、ハンブルクを16日午後6時20分に出発して、経由地であるロシアのノボシビルスクには17日午前6時31分に到着。給油後の午前8時35分に出発し、17日午後5時に羽田のA滑走路(RWY34L)に着陸。202番スポットに午後5時8分に到着した。駐機場では、横断幕を手にした社員が、フェリーフライトを担当した3人の機長らを出迎えた。

 初号機を操縦した本田敦司機長は、「エンジンがパワフル。エアバス機は良く出来ていて、A320やA321ceoと比べて違和感がない」と太鼓判を押した。ANAのA320neoが搭載するエンジンPW1127G-JMの推力は1万2160キログラム(2万6808ポンド)が2基で、ANAが国内線で運航している現行のA320が搭載するCFMインターナショナル製CFM56-5A1の推力は、1万1340キログラム(2万5000ポンド)が2基となっている。

 ANAでは、1月中旬から近距離国際線に投入予定。12月内は、国内線に不定期での投入を予定している。

 A320neoは、日本の航空会社ではANAHDが出資するLCCのピーチ・アビエーション(APJ)も、今年11月18日に10機発注。2019年4-6月期に初号機を受領し、既存機の置き換えを進める。

吉川 忠行

吉川 忠行
12月26日
この記事のファシリテーター

国際線に就航する予定です。写真特集を別途掲載します。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

PRmore

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。