<リノさんのロボット社会論#29> ホンダのユニカブβ、羽田空港ロボット実験に参加

◆アキハバラニュース・エディター リノ・J・ティブキー◆(後半に原語の英文)

実際の現場で実証


バランス制御技術を生かしたホンダのパーソナルモビリティー「UX―3」は2009年に登場した。その後何年かして、「UNI―CUB(ユニカブ)」にプロジェクトの名前は変わったが、世界中の記者や一般人に対して非常にたくさんの試乗会やデモを開催し、ほんの一部リースも行っている。

先週には、羽田空港で最新版の「UNI―CUB β(ユニカブベータ)」が来年1月から実証試験に入るとの公式発表があった。連載の第22回でも採り上げた日立製作所のEMIEW3など、ほかのロボットや自動化機械が参加する「羽田空港ロボット実験プロジェクト」(日本空港ビルデング主催)に、卵のような形をしたこの移動機器も加わることになる。

果たしてロボット?


ユニカブはアシモと同じホンダロボティクス部門が担当しているものの、見る人が「これってロボット?」と問いかけたくなるのも無理はない。まあ、ロボットのようなものではあるが。以前、連載の第11回でこうした定義の難しさについて採り上げたことがあるが、あえて言えば、ほとんどの技術者は同意していない。今回のケースだと、人が着用する「ホンダ歩行アシスト」のように、ユニカブは少なくとも「ロボティック(ロボット的)」と言ったほうがもっとも正確だろう。

さらに、ユニカブを含めてホンダのすべてのロボットプロジェクトは基本的に、二足歩行人型ロボットであるアシモの技術に由来している。アシモは紛れもなくロボットだ。これらのプロジェクトを同じ部門に置いておくのは、実用を目指すうえでも、また、ロボット人気が上昇するのに合わせ、マーケティングの面でも理にかなっている。マーケティングというのは重要で、なぜなら30年にもおよぶ最先端の世界をリードするロボット研究を続けながら、ホンダはいまだに1台のロボットも販売したことがないからだ。

1月に試乗会


ユニカブβとその仲間たちに関心がある人は、「羽田空港ロボット実験プロジェクト」、あるいは写真に付いたQRコードをスキャンすれば、もっと多くの情報を得ることができる。

本物を見たい人には、来年1月13日から22日までユニカブβの試乗走行会も予定されている。もちろん、羽田空港には自分の責任で行ってほしいが、そこに着いたとたん、ユニカブβが自分に乗るよう勧めてくれますよ。
(次回は1月11日掲載)

【略歴】Reno J.Tibke ロボット、サイバネティクス、人工知能についての民間研究家兼評論家。Anthrobotic.comの創設者であり、国際的なロボットニュースサイト「ロボハブ」(Robohub.org)の創設メンバーかつ執筆者。東京を拠点とするアキハバラニュース(AkihabaraNews.com)のエディターでマルチメディア映像制作プロダクション「デジタルハブ」(DigitalHub.JP)共同創設者。米モンタナ州出身。


Mr. Reno's Robot Society #29

Honda’s UNI-CUB β (beta) Joins the Haneda Robot Experiment Project



Into the Wild!


An early version of Honda’s self-balancing, omnidirectional mobility scooter, the U3-X, was first unveiled in 2009. In years since, the project has been renamed “UNI-CUB,” and Honda has hosted a considerable number of strictly controlled trials and demonstrations for members of the global press and public (along with very limited leasing). The newest iteration, UNI-CUB β (beta), will soon see real-world, public use by both travelers and airport staff. This is something new!

Officially announced late last week, UNI-CUB β is scheduled to begin testing at Haneda Airport in January. The somewhat egg-shaped mobility device will join a range of robots and automated machines participating in the Haneda Airport Robot Experiment Project (including Hitachi’s EMIEW3 communications and guidance robot, covered in MRRS #22 - LINK: http://newswitch.jp/p/6094).

Robot?


Even though UNI-CUB lives in the same “Honda Robotics” department as ASIMO, it is not unreasonable to ask: is it even a robot? Well...kind of. We’ve previously discussed the difficulty involved in defining that word (MRRS #11 - LINK: http://newswitch.jp/p/4136), and suffice it to say, very few technologists agree. In this case, it’s probably most accurate to state that, like Honda’s Walking Assist exoskeletal devices, UNI-CUB is at least robotic.

Moreover, essentially all of Honda’s robotics projects - including UNI-CUB - were derived from technology developed for pre-and-post-ASIMO bipedal humanoids, which are indisputably robots. It makes good practical sense to keep these projects under the same umbrella, and with the rising popularity of robotics, it’s also good marketing sense - which matters, because after 30 years of cutting-edge, world-leading robotics research, Honda still doesn’t sell any robots!

Learn More...Or, Go for a Ride!


For those with a greater interest in UNI-CUB β and its cohorts, you can learn more about the Haneda Airport Robot Experiment Project at this link: http://bit.ly/haneda-robots (or scan the QR code). For those who prefer the real thing, UNI-CUB β’s trials run from Friday, January 13th to Sunday, January 22nd. Naturally, you’re responsible for your own travel to Haneda Airport, but once you arrive, perhaps a UNI-CUB β will offer you a ride.

Reno J. Tibke is a generalist researcher and commentator on robotics, cybernetics, and nonbiological intelligence. He is the founder of Anthrobotic.com, a founding contributor at Robohub.org, editor at AkihabaraNews.com, and co-founder of Tokyo-based multimedia production firm DigitalHub.JP.


2016年12月21日付日刊工業新聞ロボット面掲載
ホンダ「UNI-CUB」のサイト

藤元 正

藤元 正
12月21日
この記事のファシリテーター

羽田空港のロボット実験プロジェクトを海外の旅行客が見たら、「まるでSF!?」と目を丸くするに違いありません。日本の人たちのロボット愛、ロボットフェチぶりをSNSなどで世界にしっかりアピールしてくれるでしょう。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。