高齢になってもペットと暮らしたい…共生型高齢者住宅が大阪に開設

新日本カレンダー、2017年11月開設

 新日本カレンダー(大阪市東成区、宮崎安弘社長、06・6972・5888)は、人とペットの共生型高齢者住宅「ペピイ・ハッピープレイス TAMATSUKURI=イメージ」を、大阪市東成区に2017年11月開設する。鉄筋コンクリート造の9階建てで、露天風呂などの大浴場付き。猫や大小の犬などと共生しやすい、19タイプ45室を用意する。猫の部屋はキャットウォークやキャットタワーなどを設置するなど、ペットが暮らしやすい設計にした。

 新日本カレンダーが開くペピイ・ハッピープレイスは、ペット関連で1階に入居者専用のペット診察室、犬の保育園やトリミング、飼い主向けセミナーを開くテナント施設を併設する。

 また、ペットが飼えなくなった時は施設で引き取ったり、里親に譲渡したりしてサポートする。施設内でペットの葬儀もできる。2階は多目的ホールなどを設置。訪問介護施設なども併設している。

 同社はカレンダーの製造販売が中心。

日刊工業新聞2016年12月21日

昆 梓紗

昆 梓紗
12月21日
この記事のファシリテーター

飼い主の高齢化に伴い、ペットが捨てられる例が増えているそうです。ともにケアを受けながら生活できる、理想的な施設だと思います。しかしなぜカレンダーメーカーが建設するのかは謎ですが…

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。