羽田空港で、大量の荷物を中腰で上げ下ろしする作業…ロボ導入でどう変わった?

 リムジンバスを運営する東京空港交通(東京都中央区、増井健人社長、03・3665・7117)は、サイバーダイン製アシスト装具「HAL(ハル)作業支援用(腰タイプ)」の本格的な導入を決めた。2015年9月から実証実験として羽田空港のバスターミナルのバス乗降場で、リムジンバスへの荷物の上げ下ろし作業にハルを使い、効果を検証していた。一定の効果が出たことから採用台数を増やす。

中腰の重労働


 「作業者の負担軽減と作業効率化が期待できるだけでなく、女性の活躍や、丁寧なサービスにもつながる」と増井社長のハルにかける期待は大きい。

 ハルを採用したのは、国際線の旅客が多い羽田と成田空港を結ぶ路線。乗客が多いことと、大きな荷物を運ぶ乗客がほとんどであることが理由だ。梅原達也取締役によると、羽田の乗降場には5分に1本のペースでバスが発車し、1本当たり15キログラム程度のキャリーバッグなどの荷物を20個以上上げ下ろしする必要がある。

 バスの荷物スペースは低い位置にあり、中腰で奥側まで荷物を持ち上げ動かすのはかなりの重労働。関係者は「効率良く作業するには、どの荷物を先に入れ、どこに置くかといった経験と勘が必要」と話すが、重労働のため熟練者が長く働けないケースもあるという。

 ハルは数多くの実証実験で腰痛の負担軽減効果の実感を得ている。神奈川県が介護施設に行ったアンケートでは、約8割の職員が「疲労感が減少した」と回答している。羽田の乗降場で働く赤井洋一郎さんも「ハルは荷物を上げるときの腰を伸ばす動きを支援してくれ、疲労が減る」という。

女性向けに軽量化期待


 本格採用に向けて、東京空港交通はサイバーダインとハルの改良を進めた。ハルは身体に貼ったパットから、筋肉を動かす信号を読み取って動きをサポートする。パットは汗をかくとはがれてしまうことがあり、ベルトで信号を読み取るタイプも用意した。バッテリーも連続使用に耐えるよう、使い方の工夫と蓄電池の性能向上で対応している。現在はフル充電で連続3時間動く。

 ただ、まだ改善点は残る。女性スタッフの玉那覇翔子さんは「小柄な女性だと多少重さで負担がある」という。女性向けに軽量化したハルの登場が待たれるところだ。また、レンタルで1台月10万円程度の費用が下がれば、利用者もさらに広がるだろう。細かいところでは、バスが発着する際にお辞儀をすると「まっすぐ立つよう力がかかってしまう」(スタッフの松田恵祐さん)ことも改善が必要だ。

他の路線に拡大


 東京空港交通は今回は10台を配備し、徐々に他の空港や路線に広げていく。増井社長は「車いすを使う利用者のサポートにもハルを生かせる。当社はスタッフ100人が『サービス介助基礎検定』を今年中に受講する予定で、ソフトサービスの向上を進めており、ハルは有効なツール」と積極的に活用していく方針だ。
(文=石橋弘彰)

日刊工業新聞2016年12月16日

昆 梓紗

昆 梓紗
12月16日
この記事のファシリテーター

作業をサポートするロボットの導入で、熟練作業者や女性が負担なく働けるようになる現場はほかにもたくさんあるように思います。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。