籠を置いたら精算完了、袋詰めまで自動!パナソニックとローソン、セルフレジロボ導入

コンビニの省力化促進

 パナソニックとローソンは12日、商品の精算と袋詰めを自動で行うセルフレジ機「レジロボ=写真」を2017年下期以降にローソン10店舗程度に導入すると発表した。パナソニックが開発した実験機1台を「ローソンパナソニック前店」(大阪府守口市)に設置し試験サービスを始めた。実証を重ね、人手不足や業務の複雑化が課題となっているコンビニエンスストアの省力化につなげる。

 専用の買い物籠で商品のバーコードを読み取った後、籠をレジロボに置くと無人で精算を完了。籠の底が開いてビニール袋に商品を自動で詰める。17年2月には無線識別タグを使った在庫管理・一括精算システムの実証も始める。

 竹増貞信ローソン社長は「約1割程度の労働時間の削減が期待できる。業界全体や国の協力を得ながら実用に向けて取り組みたい」と意気込みを示した。

日刊工業新聞2016年12月13日

昆 梓紗

昆 梓紗
12月13日
この記事のファシリテーター

省人化で素早い精算ができそうですが、例えば「あたたかい商品と冷たい商品の袋を別々にしてくれる」「小銭が1円足りないとき、『ポイントから引きましょうか?』と案内してくれる」などのちょっとした気遣いが嬉しいときもありますよね。さらにコンビニのレジはかなり業務が複雑。人が働くメリットはまだまだ多そうです。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。