上司と部下のコミュニケーションに使える“アート”で観察力を鍛える技法

<情報工場 「読学」のススメ#20>『観察力を磨く 名画読解』(エイミー・E・ハーマン 著)

細かいことが気になる「わるいクセ」を身につける


 「細かいことが気になるのが僕のわるいクセ」とは、ご存じテレビ朝日系列の人気ドラマ『相棒』の主人公・杉下右京のお決まりのセリフだ。警視庁特命係の警部である彼は、事件現場に残された、誰も気づかないような些細な証拠に目をつけたり、関係者への聞き込みでどうでもいいような事実を確かめたりする。その後に怪訝な顔をする相手や周囲の人に対して言うのが、冒頭のセリフだ。たいていの回では、この「わるいクセ」が功を奏し、事件解決に結びつくことになる。

 米国では、この「わるいクセ」を身につけるためのセミナーが好評のようだ。そこで用いられる「知覚の技法」と名づけられたメソッドは、絵画、写真、彫刻などの「アート」を「見る」ことで観察力、分析力、洞察力、伝達力などを磨くというものだ。セミナーは、FBIやCIA、ニューヨーク市警、米軍、さまざまな業種の大手企業で行われている。『観察力を磨く 名画読解』(早川書房)は、その技法の開発者でありセミナーの講師を務める、美術史家で弁護士のエイミー・E・ハーマンさんが自ら具体的方法と効果について解説している。

『観察力を磨く 名画読解』


 「知覚の技法」の具体的方法は、いたってシンプルだ。一点のアート作品を見て、そこに何が表現されているかを見つけていく。絵画であれば何が描かれているか、写真なら何が写っているか、彫刻であれば何を作ろうとしたのか。時間をかけて細部まで観察し、発見したことを書き出したり、話し合ったりする。この最初の段階では、作品のタイトルや作者、製作時期などは伏せられる。

 そして、観察して見つけたことからわかる「事実」を挙げていく。本書で例として紹介されているケースでは、ある絵画に描かれている二人の人物の関係性を、服装や髪型、表情・視線、しぐさ、人物間の距離、立っているか座っているか、などから探っていく。このあたりはきっと推理ドラマに匹敵する面白さがあるのだろう。

 アートを使うメリットは、まず「答え合わせ」が簡単にできることだという。先の例の二人の人物の関係性でいえば、絵画のタイトルを見れば答えがすぐにわかる。ヨハネス・フェルメールの『婦人と召使』だからだ。街角の人物観察では、こうはいかない。通行人を呼び止めたり、喫茶店でコーヒーを飲んでいる人に話しかけるのには抵抗のある人が大半だろう。

 ある程度歴史があり、世に知られているアート作品であれば、さまざまな資料やこれまでの鑑賞者、批評家たちの評価や発見を知ることもできる。アートに限らず物事には、10人いれば10通りの「見方」がある。そうした複数の視点を知ることで、よりいっそう観察力に磨きをかけられる。

<次のページ、主観を極力排して物事を捉え伝達するスキルが重要>

ニュースイッチオリジナル
情報工場

  • 1
  • 2
冨岡 桂子

冨岡 桂子
12月10日
この記事のファシリテーター

この『観察力を磨く名画読解』の実践方法は上司と部下のコミュニケーションにも使えそうだ。部下を持つビジネスパーソンは、自分が当たり前だと思っていることがなかなか部下に伝わらないということに直面すると、「この部下は理解力が悪い」と判断してしまいがちだ。その際に、自分が当たり前だと思っていることは主観だと意識して、「目の見えない人」に説明するつもりになって伝えてみると部下から意外な良い反応が得られるかもしれない。
一方、部下も、上司の言っていることがわからないというときに、「上司は自分の見えていないことも見えているのかもしれない」と意識して話を聞いてみると、新たな質問などが浮かんできて、結果、納得しないまま仕事を進めることが減るかもしれない。聞くは易し、行うは難しかもしれませんが…。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。