日清オイリオ、オリーブオイル「かけて食べる」を提案。裾野広げる攻めの工夫

 日清オイリオグループはオリーブ油の需要拡大を狙い、料理にそのまま「かけて食べる」といった新しい食習慣の提案に力を入れている。認知度を高めるため、オリーブ油の魅力を伝える雑誌と書籍を融合したムック(MOOK)を刊行した。12月下旬にはBSデジタル放送局「BS日テレ」で、本場イタリアのオリーブ油の味わい方やこだわりを紹介する番組も放映する。オリーブ油を消費する機会を増やすため、攻めの工夫を重ねる。

“健康イメージ”が強いオリーブ油


 オリーブ油は女性の健康・美肌志向をうまくとらえ、年々、市場が拡大している。日清オイリオの代表ブランド「BOSCO(ボスコ)」の販売数量も、2016年4―9月期は前年同期比5割増と好調だ。家庭用食用油に占めるオリーブ油の金額も、市場全体で25%強とキャノーラ(菜種)油の30%に迫る規模に肉薄している。製油大手にとってオリーブ油は、文字通り期待を寄せる成長商品だ。

 一般のキャノーラ油はスーパーの食品売り場で特売の対象にされやすく、価格引き下げ圧力が強い。しかし、“健康イメージ”が強いオリーブ油はその影響をあまり受けないほか、もともと単価が高い。数量の伸び以上に、利益が稼げる商品と言える。

SNS活用


 日清オイリオグループは11月1―30日に期間限定で、渋谷ロフト2階に「BOSCOカフェ」を開設していた。「オリーブオイル香り立つ3種の贅沢(ぜいたく)おつまみプレート」など、オリーブ油をかけて食べる独自メニューを提案した。

 渋谷という立地から、女性客が圧倒的に多かった。料理や食事中の写真をスマートフォンで撮影し、会員制交流サイト(SNS)で共有する文化が浸透しており「情報の拡散効果」(日清オイリオグループ)を狙った。BOSCOカフェはSNSに画像を投稿した顧客にアイスクリームをプレゼントするなど、投稿されやすい一工夫も実践した。

 このほか、料理情報サイト大手のクックパッドと協力。冬の季節に備えてオリーブ油をかけるオイル鍋の紹介や、行楽シーズンに向けたオリーブ油のおにぎりなどのPRも企画している。卓上の小容量サイズで、開栓後も香りが長続きするフレッシュキープボトルも発売済みで、新しい食べ方で裾野を広げる考えだ。
(文=編集委員・嶋田歩)

日刊工業新聞2016年12月1日

昆 梓紗

昆 梓紗
12月01日
この記事のファシリテーター

ココナッツオイル、アマニ油、えごま油、米油…健康志向の雑誌やTV番組などで次々と新しい油が紹介されブームが起きたり起きなかったりしていますが、その中でもオリーブオイルは健康油の先駆け。今では定番になっています。
油をそのまま食べることに抵抗感がありましたが、バニラアイスにオリーブと岩塩をかけて食べたらかなりおいしかったので概念が変わりました。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。