「TechCrunch Tokyo2016」スタートアップバトルの優勝は?

遠隔医療相談「小児科オンライン」が輝く。ウェブ系が席巻!

 東京の渋谷ヒカリエで17、18日に開かれたスタートアップ企業の祭典「TechCrunch Tokyo2016」で、恒例のベンチャーコンテスト「スタートアップバトル」が行われた。今年で6回目。創業3年以内で今年に入り製品やサービスを送り出したビジネスが対象で、113中20社が書類審査を通過し本戦に挑んだ。独自性、市場性、将来性の3点で審査。最優秀賞には小児科に特化した遠隔医療相談「小児科オンライン」が選ばれた。

 2日目の決勝に進んだ6社のうち、特別賞のタウンWiFiを除き、優勝のKids Publicなど5社すべてがウェブを活用したサービス。そのうち2社を人材系が占め、モノづくり系の入賞はゼロという結果に終わった。

 Kids Publicの「小児科オンライン」は、子どもについての質問や悩みをLINE、電話、Skypeで医師に相談することができるサービスで「診断や薬の処方といった医療行為は行わず、アドバイスにとどめている」(橋本直也社長)とビジネスモデルについて説明した。

特別賞に輝いたタウンWiFi

 ウェブ系で国内市場を対象とした事業が多数を占める中、グローバルな事業展開を描き異彩を放ったのがタウンWiFiだ。審査員特別賞を贈られた。公衆の無料Wi-Fiに自動で接続・認証するアプリを展開し、スマートフォンの通信量が削減され、速度制限の悩みを解消できるという。

 荻田剛大同社代表は「安いけど中くらいの速度ならいけますというところ狙っている」と説明。授賞式では挑戦について「一番無謀」(審査員の国光宏尚gumi代表取締役)と評されたが、「しっかりビジネスを磨いて頑張ってさい」(同)とエールも送られた。受賞コメントで荻田氏は「無謀とかクレイジーとか、そういうサービスを作らないとスタートアップやっている意味が無い」と豪語し会場を沸かせた。

【スタートアップバトル出場企業】 五十音順、カッコ内はプロダクト名、※は決勝進出

1,アスツール(ASTOOL)スマホ向けアプリ、インターネットサービスの開発・運営
2,ADAWARP Robotics(ADAWARP) VRロボットの開発
3,アドスペイシー(AdSpacee)広告サービス
4,AIトラベル(AI Travel)出張予約アシスタントサービス
5,XSHELL(XSHELL)Iotソフトウェア, ハードウェア開発
6,Kids Public※(小児科オンライン)小児科に特化した遠隔医療相談 
7,Combinator※(Refcome)人材採用を活性化するためのクラウドサービス
8,シェアのり(シェアノリ) 個人間のカーシェアリングサービス
9,SCOUTER※(SCOUTER)個人による転職希望者紹介サービス
10, Spectee(Spectee)ニュース映像のリアルタイム解析サービス 
11, タウンWiFi※(タウンWiFi) 公衆無料Wi-Fiに自動で接続、認証するアプリ
12, タシナレッジ※(DIGGLE)企業の予算管理・資金シミュレーション支援
13, 電玉(DENDAMA) IoTけん玉 
14, ハカルス(HACARUS)ヘルスケア
15, FOLIO※(FOLIO)分散投資を自動化する資産運用サービス
16, ヘクト(Hecto)AIチャットボットの開発ツール
17, MOSOMafia(MOSOMafia)webサービスの開発、運営
18, モビンギ(mobingi)ITサービス
19, Rich Table(richTABLE)グルメアプリサービス 
20, LINK Sports(LINK Sports ) スポーツマネジメントツール


(関連記事)キャリア支援のSCOUTERが増資ニュースイッチ


ニュースイッチオリジナル

宮里 秀司

宮里 秀司
11月20日
この記事のファシリテーター

日本のスタートアップの方向性としては、国内向けには高齢化社会への対応や生産年齢人口の減少による人材不足解消、ホワイトカラー労働やサービス業の生産性向上に向けたロボティクスやITの活用。グローバル展開では途上国のインフラ整備や人口増への対応、環境・食糧・資源エネルギー問題の解決などが考えられます。スタートアップには、もっと視野を広げ、とんがったアイデアを出してほしいと感じました。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。