世耕大臣が国会質疑対応でテレワーク。経産省、残業大幅に減らす

強固なセキュリティー構築。1日当たり数百時間の残業時間短縮に

 経済産業省は情報通信技術(ICT)を活用した在宅勤務などオフィスに依存しないテレワークを導入し、国会質疑対応で待機する職員の残業時間を大幅に削減する。ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)を活用した国会答弁集作成の高度化も検討し、いずれも2017年の次期通常国会からの本格導入を目指す。

 “国会待機”の効率化は霞が関の国家公務員の長時間労働是正に有効。行政改革の目玉施策として「他省庁に広めたい」(世耕弘成経済産業相)。1日当たり数百時間の残業時間短縮につながりそうだ。

 国会の委員会での質疑は、議員が事前に質問要旨を通告し、担当者が答弁をつくる。関係部局とのすり合わせが必要で、完成までに数時間を要する。通告が遅くなるほど、残業が増え、深夜に及ぶこともある。質問数によっては数百人が待機する。翌日は早朝から大臣との「答弁勉強会」(通称)を実施するため、担当者の負担は重い。

 こうした国会待機での長時間労働是正に向けて、経産相はテレワークを活用する。開会中の臨時国会から一部導入した。強固なセキュリティーを持つクラウド環境を構築。担当者はそれぞれ答弁を書き込む。

 世耕経産相がタブレット端末からアクセスし、自宅などで“予習”。追加で必要となるデータや疑問点を入力し、担当者が応じる流れだ。従来、2時間程度を要していた朝の答弁勉強会を数十分程度に短縮できた。
<全文は日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>




日刊工業新聞2016年11月7日

原 直史

原 直史
11月07日
この記事のファシリテーター

テレワークが普及することに異論はないが、省庁の残業の本質的な問題は、国会議員からの質問通告が遅いことだと聞く。これを解決しないと、職場での残業は減ったが、自宅への持ち帰りが増えたということになりかねない。これでは、適切なワークライフバランスは実現できない。国家公務員がワークライフバランスのとれた生活を送ることは、日本全体のロールモデルともなる。議員の人たちの、公務員の勤務実態に対する理解を高めて、ぜひ実現してもらいたい。

この記事にコメントする

四茂山 治樹
四茂山 治樹
11月07日
これだったら?、国会が先に行うよりも、特例法で地方自治体から実施して様子を視(み)てからでも?…遅く無い!のでは?…!。
明 豊
明 豊
11月07日
「働き方改革」は安倍政権でも最大のチャレンジ。電通の問題も産業界における氷山の一角。霞が関もかつては「不夜城」と呼ばれるほど残業残業だった。安倍さんの側近で政策も気持ちも理解している世耕さんらしいチャレンジ。テレワークですべて解決するわけではないが、まずは大臣、役所が実践し旗を振るのはとても重要。


  

ファシリテーター紹介

PRmore

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。