映画「トロン:レガシー」の電動バイク

レプリカが7万7000ドルで競り落とされる

 2010年のSF映画「トロン:レガシー」に出てくる電動バイクの「ライトサイクル」。真ん中がすっぽり空洞になっている大きなタイヤと、青い蛍光色に光るホイールがカッコイイが、それにそっくり似せて作られた可動レプリカがサザビーズでオークションにかけられ、7万7000ドルで競り落とされた。しかも実際に乗って運転もできる。

 リチウムイオン蓄電池から電気を供給し、ダイレクトドライブモーターでタイヤのホイールを回転させる仕組み。通常のバイクと同じように、ハンドル部分のスロットルに合わせてモーターの回転を変えられるほか、サスペンションや油圧ブレーキも付く。ただ、シートの高さが72cmと低いので、両足を後ろに伸ばし、ほぼ腹ばいに近い格好で運転することに。映画では様になっているが、実際の運転ではちょっとつらそうだ。


サザビーズ

藤元 正

藤元 正
05月14日
この記事のファシリテーター

動画を見る限り、スピードはそれほど出ないようだし、もちろん実用性は低い。いずれにしても、本物ではないんだけれど一品ものということで、買わずにいられない映画ファンもいるんだなあとなんだか感心。

この記事にコメントする

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。