キャリア支援のSCOUTERが増資 クルーズや三菱UFJキャピタルなどから

総額6100万円、サービス開発やネット広告に投資

 SCOUTER(東京都渋谷区、中嶋汰朗社長、03・6407・0853)は、クルーズ、イーストベンチャーズ(東京都港区)、三菱UFJキャピタルを引受先とする総額6100万円の第三者割当増資を実施した。RENOは経営者や社会人などの紹介者が、転職希望者を企業につなぐキャリア支援事業「SCOUTER」を中核事業として展開している。事業会社や複数のベンチャーキャピタル(VC)からの出資を受け、成長を加速する。

 今回の増資はクルーズがリードインベスターとして主導し、イーストベンチャーズと三菱UFJキャピタルが参加した。同社は増資による調達資金を人材採用によるサービス開発体制の強化や、インターネット広告などに充てる。

 また、社名を旧RENOから、中核事業と同じSCOUTERに変更した。同社のキャリア支援事業では、審査を通過したスカウターと呼ばれる紹介者と雇用契約を結び、転職希望者を企業に橋渡しする。スカウターは身の回りにいる転職希望者を企業に推薦、入社が決まると転職者の年収に対して5%を報酬として受け取れる。

 4月の同サービス開始から5カ月が経過し、スカウターは400人、サービス内で公開される掲載求人数は1500件をそれぞれ超えた。

ニュースイッチオリジナル

宮里 秀司

宮里 秀司
09月06日
この記事のファシリテーター

クルーズは東証JASDAQスタンダード上場のネット企業。ここ数年、事業会社がベンチャーへの投資を主導する例が目立っています。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。