1000人が歩いてGoogleマップを作る。ゼンリン、歩行調査の全貌!

市は年に1度、町村は2―5年に1度更新。先進運転をサポートする3Dのデータ蓄積も

 スマートフォンにカーナビゲーション(カーナビ)など、現代になくてはならない住宅地図や道路地図だが、製作は今も手作業で進められていることは意外に知られていない。地図最大手のゼンリン(北九州市)は全国70拠点に約1000人の調査スタッフを抱え、歩行・走行調査を北海道から沖縄まで日々行っている。歩行調査は市で年に1度、町村は2―5年に1度のペースで更新が進められる。

 データベースは住宅地図、カーナビ、歩行者ナビゲーション、海外ナビゲーションに分けられる。このうち住宅地図は調査スタッフが道を歩き、建物をチェックして変更点のあるなしを記録していく。これをハンドデジタイザーと呼ぶ専用装置で入力する。データは約1000のレイヤー(階層)に分けられ、各階層ごとに国道、市道、町名、ビル名、人名など多層に管理する。

 一方、同社製カーナビデータの特徴は道路でなく、建物の入り口まで案内するほど詳細だ。一般的にはカーナビに行き先を入力すると「目的地周辺に到着しました」で案内が終了するが、同社製品は河川や一方通行を迂回(うかい)して目的地前まで正確に案内する。全国の住宅地図を製作、提供するメーカーは同社しかなく、自治体や警察、消防、不動産業などは同社製データを基に市民生活を支えている。

 近年、特に力を入れているのが3次元(3D)化だ。中でも自動車の自動運転に対応する高精度地図データの開発が進む。2020年頃に普及が本格化すると見られる自動運転支援の一つ「ADAS(エーダス=先進運転支援システム)」をサポートする技術だ。

 具体的には、全方位カメラによる撮影画像とレーザーで取得した点群情報を融合して3D地図データを作成、道路情報として登録することで安全運転を手助けする。

 数メートルの誤差が生じる全地球測位システム(GPS)よりも詳細で、標識や信号といった静的情報のほか、進行方向先にある急カーブや高速道路上の警戒領域などまで含むため、安全度は飛躍的に増す。すでに専用機材を搭載した車両が稼働しており、データの蓄積・作成が着々と進められている。
(日刊工業新聞2014年10月28日 モノづくり面)

<関連記事>
 ゼンリンの地図利用調査によると、移動中に使う地図は40代半ばまででスマートフォン用地図が多数派を占めた。18―34歳では60%以上がスマホを使い、35―44歳もスマホ派が46・9%で、印刷したパソコン用地図の利用を24・2ポイント上回った。45―55歳はパソコン派が多いが、スマホとの差は7・3ポイントと小さい。55―69歳ではパソコン派が半分以上だった。直近3年でスマホ利用は全世代で増加し、55―69歳も年4―6%増加している。一方、1年以内にカーナビを利用した人は減少傾向にある。

日刊工業新聞2015年04月20日 自動車面

三苫 能徳

三苫 能徳
05月11日
この記事のファシリテーター

いつもホントにお世話になってます!ところでウェブの地図サービスのライセンス料って、いくらくらいなんでしょうか?

この記事にコメントする

中島 貴史
中島 貴史
05月11日
便利な世の中ですね。初めてのお客さんの会社に行くときに、地図を印刷し忘れていても、スマホで何とか辿り着ける・・・!
カーナビに頼っていると、道を憶えないし本当にバカになっている。
山本 圭太
山本 圭太
05月11日
僕もMapないと生きていけなそうな人の一人です。
社会インフラレベルな気が、確かにライセンスフィー気になります。
たまぁに地図上でつながっている道路が(段差があって)つながってなかったりするので、そういうのがどんどん無くなっていくのだろうなぁ。
明 豊
明 豊
05月11日
もうMAPがないといけない人たちがいっぱい。自動運転や自動歩行で人はどんどんバカになっていくんでしょうね。病気の方、高齢者、障がいを持つ方には、とても重要ですが。
  

ファシリテーター紹介

PRmore

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。