下町ボブスレー、ジャマイカと正式調印!10月に納入

 

 東京都大田区の町工場を中心に結成する下町ボブスレーネットワークプロジェクト推進委員会は14日、ジャマイカボブスレー連盟と2018年韓国・平昌冬季五輪に向けた協力に関する契約書に正式調印したと発表した。ジャマイカ仕様のソリ3台を製造して10月から順次納入するほかヘルメットやウエアを贈呈する。また委員長も舟久保利和昭和製作所社長から國廣愛彦フルハートジャパン社長に交代。新体制で五輪出場に挑む。

 ジャマイカチームに提供するソリは「下町スペシャル」「ジャマイカスペシャル」の2種類。ボディー形状は変えるがシャシー部分は共通。ソリの刃であるランナーの平行度を保つほか、低重心を追求し走行安全性を保つ。同委員会の開発ノウハウをベースにジャマイカ側の要望やアドバイスを反映した。ボディーにジャマイカの国旗がデザインされる。

 ジャマイカスペシャルのボディーは同国側から提供される3Dデータが届き次第製造に入る。小型化を徹底し、全長3メートルを切る予定だ。12月から17年1月にかけて納品を目指す。今後、両モデルの性能比較やジャマイカ選手の要望反映を行い、平昌五輪本番用モデルにカスタマイズする。ジャマイカチームの長野合宿も検討中だ。

 國廣新委員長は「今回は4台同時製造の壁に挑む。製作チームを支援していく。そして今までの人が築いたモノを引き継ぎ、最終的に五輪で結果を出したい」と抱負を述べた。

日刊工業新聞2016年7月15日

宮里 秀司

宮里 秀司
07月16日
この記事のファシリテーター

4台同時製造に取り組むということで、製作チームも高い壁を越えなければなりません。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。