全国大学生ビジコン、応募約700件から選ばれた今年の頂点は?

キャンパスベンチャーグランプリ、受賞プランは社会世相を反映

 学生によるビジネスプランコンテスト「第12回キャンパスベンチャーグランプリ全国大会」(主催=日刊工業新聞社、後援=内閣府、経済産業省、文部科学省、経団連、日本商工会議所)が10日、東京・霞が関の霞山会館で開かれ、「ビジネス部門大賞・経済産業大臣賞」に立命館大学の芳本大樹さんの「ICTを利用した認知症予防教室『まなびや』」が、「テクノロジー部門大賞・文部科学大臣賞」に早稲田大学の葦苅晟矢さんの「昆虫飼料活用による食糧循環型システムの確立」が、それぞれ輝いた。

 各務茂夫審査委員長(東京大学教授)は「入賞した案件は社会に問題提起しアクションを起こし、実証検証したことをフィードバックしている。そのため説得力があり、人を引き込むものになっている」と講評し、これからの成長へ期待を寄せた。

全国8地区の大会を勝ち抜いた計14人・チームが出場し、プランを競った。芳本さんは「この4月に法人登記する。拠点とする関西を盛り上げたい」、葦苅さんは「学生なりにできることを地道にやってきた。事業化には時間がかかるが、受賞してさらにやる気が出てきた」と喜んだ。

【MIT賞/日刊工業新聞社賞】
◇イチゴソムリエによる「Kanjuku―Ichigo」のブランディング事業(宇都宮大学大学院・高橋庸平)

【審査委員会特別賞】
◇Re:ACT「大学講義に変化を起こすアプリケーション」(名古屋大学大学院・松下健)◇SmartAIS―小型船舶の安全な航海を支援するシステム―(弓削商船高等専門学校・瀬尾敦生)
◇広告機会の創造と認証機能を兼ね備えた新しい認証方式(岐阜大学・正木悠介)
<代表者、敬称略>

<次のページは、北海道、東北、東京、中部各大会の受賞者>


キャンパスベンチャーグランプリ公式ページ

矢島 里佳

矢島 里佳
03月22日
この記事のファシリテーター

私も2009年のキャンパスベンチャーグランプリで、特別賞をいただきました。その際に応募したビジネスプランが、そのまま今の和えるの事業につながっています。とても懐かしいと感じました。受賞者のビジネスプランの内容に、そのまま社会の世相が反映されているように感じます。職業を選ぶ時代から、自ら生み出す時代に変化していく時代へ移り変わっていると思います。受賞されたプランが、プランで終わることなく、実現に向けて羽ばたいていくことが楽しみです。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。