【更新】4インチ新型の「iPhone SE」、発表は3月15日から22日に変更か

9to5Mac報道、5sのボディーに6sの最新技術詰め込む

 3月15日にアップルがプレスイベントを開いて発表する4インチのiPhone 5seと新型iPad Airは、早ければ3月18日に発売される見通しだとアップル情報サイトの9to5Macが報じた。関係者の話として伝えたもので、新型iPhoneは1月から大量生産に入っているという。

 iPhone5seは2013年発売のiPhone5sとほぼ同じ外見ながら、4.7インチのiPhone6sや5.5インチの6sPlusと同等の最新技術および高速デバイスを搭載。最新のA9プロセッサーとM9コプロセッサーを内蔵し、Apple Pay用のNFC機能、ホームボタンを押さなくとも常時使用できるパーソナルアシスタントのSiri(シリ)、6sと同じカメラシステム、短い動画が撮れる「ライブフォト」機能などを備えるという。色のバリエーションは6sと同じゴールド、ローズゴールド、シルバー、スペースグレイ。

 一方、9.7インチのiPad Air 3はスマートコネクターを採用し、12.9インチのiPad Proと同じようにスマートキーボードやアップルペンシルをサポートする。このほかApple Watch Sport用の新しいバンドが発表される見通しだ。

(※追加します)アップルが3月のプレスイベントで発表する4インチiPhoneの商品名が、当初噂になった「iPhone 5SE」ではなく、ただの「iPhone SE」になる見通しだと9to5macが26日伝えた。製品名から番号が消え、毎年のアップグレードサイクルから外れることになる。

 また、iPadでは、当初9.7インチのiPad Air 3が発表されるとみられていたが、9.7インチのiPad Proになるという。iPadの販売が鈍っていることから、テコ入れ策に転じたとみられる。

 一方、韓国のUnderKGによれば、プレスイベントは当初予定された3月15日から1週間後ろにずれて、3月22日との噂も出ているという。

ニュースイッチオリジナル
9to5macの報道

藤元 正

藤元 正
02月27日
この記事のファシリテーター

iPhoneの減速が鮮明になってきたが、旧機種のデザインを纏った4インチモデルでその流れに歯止めがかけられるかどうか。iPhoneのマイナーチェンジの年に当たる「sイヤー」はその前のモデルのデザインを引き継ぐため、どうしても盛り上がりに欠ける嫌いがある。外観デザインや素材を含めてメジャーアップグレードが予想される秋発売のiPhone7まで、勢いを盛り返すのは難しいかもしれない。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。