アジアでも管理職の給与が低い日本。優秀な人材獲得で後れ

 アジアの主要国・地域の中で日本の管理職の給与が低い傾向にある。英人材紹介会社ヘイズの調べでは、製薬業界の研究開発部長職で、中国と香港は年収4000万―5000万円台に対し、日本は3000万円にとどまった。ジェイエイシーリクルートメント(JAC)の調べでも、シンガポールやインドネシアにおいて、他の外資系企業の経理部長職と比べて、日系企業の方が2―3割低かった。良い人材を獲得するには給与の引き上げが必要となりそうだ。

 ヘイズの調べでは、製薬業界の研究開発部長職の年収は中国で5400万円、香港で4500万円と、日本より5―8割高かった。IT業界の最高情報責任者(CIO)職では、香港が5300万円、中国が3600万円に対し、日本は2500万円だった。

 JACの調べでは、シンガポールにおける外資系企業の経理部長職の年収は15万シンガポールドル(約1245万円)に対し、日系企業は12万シンガポールドル(約990万円)と2割低かった。同じ職種でインドネシアでは他の外資系企業と比べ、日系企業の年収は3割低かった。

 ヘイズによると、中国や香港で転職の理由を聞くと、給与を挙げる声が最も多いという。一方、日本では「給与よりも新たな挑戦を求めて転職する声が多い」(マーク・ブラジ氏)。

 このため、日本企業は給与よりもやりがいを与えることを重視しがちだが「成果に応じて給与を引き上げなければ、優秀な人材は獲得できない」(同)と指摘している。
(文=大城麻木乃)

日刊工業新聞2016年2月5日 国際面
日刊工業新聞電子版

明 豊

明 豊
02月06日
この記事のファシリテーター

本当の意味で「人材こそ会社の資産」という意識と制度が追いついていないからだろう。管理職に限った話ではない。

この記事にコメントする

Hsd David
Hsd David
02月06日
余計な人材に本来的に払わなくて良いコストをかけているから、払われるべき価値のある人材、パフォーマンスをあげている人材のコストは相対的に減るのは当たり前ですね。


ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。