3Dジェスチャーで車の画面操作、BMWが1月のCES 2016でお披露目

カーナビ、音楽、電話などの操作簡単に、助手席の同乗者にも対応

 自動車の運転席のスクリーンに手を触れずに、空中の3次元ジェスチャーだけで画面操作ができるシステムをBMWが開発し、1月6日に米ラスベガスで開幕する国際家電見本市「CES 2016」でデモを行うと発表した。「ビジョンカー」に搭載された「エアタッチ(AirTouch)」というこの機能を使うと、カーナビゲーションや音楽などのエンターテインメント、通話先などの通信情報を表示するパノラマディスプレーの画面を、簡単な手のジェスチャーだけで短時間で操作できる。運転者は操作に気を取られることなく、運転に集中できるという。

 BMWは前回のCES 2015でも指のジェスチャーで画面を操作し、音量を変えたり、電話を受けたりできる「タッチコマンド」を発表。今年発売したBMW7シリーズに搭載している。

 エアタッチはこの機能を進化させたもので、ダッシュボードとバックミラーの間の空間での手の動きをセンサーが捉え、ジェスチャーに応じた操作ができる。メニューから目的の操作や通話先を選んだ後は、ハンドルに埋め込まれた確認ボタンを押すことで、メニュー項目を選択・実行できる。確認ボタンは同乗者用に助手席のドアにも取り付けられるという。

ニュースイッチオリジナル
BMWの発表

藤元 正

藤元 正
12月29日
この記事のファシリテーター

CES2015で発表したタッチコマンドではエアコンや室内ライトの操作にも対応していたようだが、エアタッチも画面以外の操作が行えるのかどうか。あとパノラマディスプレーについて、上の写真のように大きな画面だと運転中に余計気になるような気もするが、それも慣れの問題だろうか。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。