カメラの顔認識防ぐプライバシー保護眼鏡―SNS公開防ぐ

情報学研「プライバシーバイザー」

 国立情報学研究所の越前功教授らは、カメラなどによる顔認識を防ぎ、プライバシーを保護する眼鏡型装着具「プライバシーバイザー」を開発した。眼鏡資材販売を手がけるニッセイ(福井県鯖江市、白崎武健社長、0778・52・5615)と協力し、プライバシーを守る眼鏡として商品化する。

 プライバシーバイザーは、他人の携帯電話のカメラなどで撮影され、本人が意図せずに偶然写り込んだ写真が参加交流型サイト(SNS)などに投稿されるのを防ぐ装着具。このような写真がSNSに公開されると、「誰がいつどこにいたか」という個人情報が、不特定多数に流出する恐れがある。

 顔面に明暗をつくる可視光を反射・吸収する素材をバイザーに貼付。目の周りの明暗の特徴をなくし、カメラによる顔検出を行いにくくする。眼鏡のように装着するだけでよく、顔を隠したりする従来法に対して、視覚やコミュニケーションに影響を与えない。

 ニッセイの強みであるチタンを使ったフレームを採用。軽く高強度であるチタンの特性を生かし、普通の眼鏡に比べて湾曲を強くして作り込んだ。

日刊工業新聞2015年09月01日 科学技術・大学面

昆 梓紗

昆 梓紗
09月02日
この記事のファシリテーター

スパイ映画に出てきそうなデザイン。一般人がかけて歩いていたら逆に目立ちそうですが。。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。