東芝メモリ、WD陣営に売却へ。明日正式決定

アップルは加わらず

 東芝は半導体子会社「東芝メモリ」を、米ウエスタンデジタル(WD)を軸とする「新日米連合」に売却する方針を固めた。13日に決定し、20日の取締役会後に正式契約を結ぶ計画。売却額は約2兆円。東芝は2018年3月期末までに売却手続きを完了し、上場廃止につながる2期連続の債務超過を回避する考え。東芝メモリ売却をテコにした経営再建を前進させる。

新日米連合は東芝の提携相手であるWDのほか、政府系ファンドの産業革新機構や日本政策投資銀行、複数の日本企業で構成し普通株や優先株で資金を拠出。東芝も出資する方針。東芝の主要取引行も融資で参加し、東芝メモリを買収する。

 WDは買収段階では出資せず、将来15%程度の議決権を取得する計画。ただWDは議決権を引き上げたい意向が強く、東芝メモリの独立性維持を売却条件とする東芝は反発してきた。この点で最終的に折り合うよう、最終段階の詰めに入った。
                   

<全文は日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2017年9月12日

明 豊

明 豊
09月12日
この記事のファシリテーター

ようやくこれで決着か。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。