これが新世代の信号だ!警察庁新仕様に対応した信号灯器

信号電材、着雪や暴風などへの耐久性を高める

 信号電材(福岡県大牟田市、糸永康平社長)は、警察庁の新たな仕様に対応した信号灯器(写真)を開発した。レンズを覆うフードをなくし、表面を曲面にするなどして着雪や暴風などへの耐久性を高めた。施工時の作業負担も考慮して軽量化した。初年度1万台強の採用を目指す。

 開発した信号灯器は2017年2月の警察庁による信号灯器の仕様変更を受け、レンズの大きさを直径300ミリメートルから250ミリメートルに小型化した。本体を前に15度傾けて太陽光による直接反射を軽減し、視認性を確保する。豪雪地帯などでは角度20度にでき、着雪を防ぐ。

 筐(きょう)体にはアルミニウムを使用するなどして同社の従来製品と比べ約40%軽い約11キログラムに抑えた。大きさは高さ350ミリ、幅1050ミリ、奥行き88ミリメートル。

 視認範囲を制限したインナーフード付きの製品もラインアップ。視認できる範囲を30度に狭め、Y字交差点など複数の信号灯器がある場所などでの誤認を防ぐ。

日刊工業新聞電子版 2017年9月6日

昆 梓紗

昆 梓紗
09月06日
この記事のファシリテーター

スタイリッシュで無駄のないデザインです。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。