カンタス航空、「A380」全機改修へ

ビジネスとプレミアムエコノミーを増加

 カンタス航空(QFA)は、12機保有するエアバスA380型機の内装を順次刷新する。ビジネスとプレミアムエコノミーを増加させ、エコノミーを減らす。改修の終了は2020年を見込む。

 カンタス航空のA380は現在、4クラス計484席(ファースト14席、ビジネス64席、プレミアムエコノミー35席、エコノミー371席)を設定。改修後は4クラス計485席(ファースト14席、ビジネス70席、プレミアムエコノミー60席、エコノミー341席)とし、ビジネスを6席、プレミアムエコノミーを25席増加し、エコノミーは30席減少する。

 現在はメインデッキ(1階席)にファーストとエコノミー、アッパーデッキ(2階席)にビジネスとプレミアムエコノミー、エコノミーを設置している。改修後はアッパーデッキのエコノミー30席を廃止し、ビジネスとプレミアムエコノミーのみとする。

 改修は2019年第2四半期(10-12月期)から着手し、2020年末までには終了する見込み。

 カンタス航空は、A380を欧州や米大陸路線などに投入。シドニーとメルボルンから、ロサンゼルス線やドバイ経由のロンドン線などで運航している。

吉川 忠行

吉川 忠行
09月04日
この記事のファシリテーター

カンタス航空のA380、19年から改修。アッパーデッキ後方のエコノミーを取り払い、ビジネスとプレエコのみにします。メインデッキはファーストとエコノミーです。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。