体と心を鍛える“道場”型トレーニングジム、その魅力とは?

オープン1カ月半、「HALEO 表参道」はなぜ盛況なのか

 “総合力の獲得”をコンセプトに体と心(精神)を鍛える“道場”型トレーニングジム「HALEO 表参道」が6月にオープンした。

 「HALEO 表参道」は体験も会員登録も無料ではない。キックボクシングは体験だけで5,000円(1時間)。ボンサイ柔術は月額30,000円(受講回数無制限)。「スポーツジム」と考えれば割高な料金設定であるにも関わらず、オープンから約1か月半にしてジム内は既に盛況。体験希望者や問い合わせは後を絶たない。この人を惹きつける内容に迫った。

 「HALEO表参道」には、キックボクシング、柔術、ボディメイクの3種のトレーニングメニューおよび総合コースとして「BIZLETE(ビズリート)」がある。

 「ボンサイ柔術がビジネスマンの方に人気。常に先を読みながら行う柔術は頭を非常に使うのでビジネスマンの方がはまりやすい。キックボクシングは引き締まった美しいボディライン作りに女性にも大人気です」とHALEO表参道の方。

 キックボクシングは1クラス10人の少人数制、インストラクターは全員チャンピオンという密度の濃い環境。グーグルの福利厚生にも採用された柔術は、ブラジリアン柔術世界選手権優勝の経歴を持つマルコス・ソウザと、ブラジリアン柔術世界選手権4回優勝の経歴を持つホベルト・ソウザ自らが指導しているという贅沢な内容だ。

 またジムの内容で驚いたのは「ハレオ」「バルクスポーツ」の各種サプリメントをトレーニング前・中・後に提供していること。摂取量はカルテによって管理され、継続できるトレーニングを提案しているということだが、この点はさすが「HALEOのジム」と思わざるを得ない。

「和」にこだわる


 メンタル面では専修大学教授 佐藤雅幸氏監修によるメンタルトレーニング“HALEO FLOW”を導入。ビジネスシーンでも役立つ自己コントロール力も養うことを目指す。また、ジムを「和=日本」的な意匠を取り入れた空間にしているのも“静”の心をはぐくんでほしいという想いからなのだとか。

 和にこだわった意味を尋ねると「日本古来から受け継がれる伝統や文化を、当道場を通じて学んで頂く為に、実際に伝統を受け継ぐ職人が作った物を置く事で、その伝統を直接感じて頂ける空間にしました」。

 「HALEO 表参道」が「普通のスポーツジム以上のお金を出してもいい」と思われる所以は「ビジネスにも役立つ強靭な肉体と「和」を重んじる精神力をFull Circleで鍛えるハイブリッド道場」である点を打ち出したからだと言える。

 盛況の理由は、身体の強さだけではなく、精神も鍛える。だがそれは決して試合や競技においてだけではなく、日々の生活の中にも活かせるよう――そういった姿勢が、リーチした結果なのだ。

 今後どのような選手が集い、育ち、どのようなジムになっていくか、楽しみなジムだ。
ジム内のインテリアを和にこだわっている

前後に休憩することのできるスペースには宮城県石巻の「草新舎」の畳が

凛とした空間で体を鍛えようと思う方々に

畳張りのトレーニングルームには神棚も

メトロガイド
HALEO 表参道

大庭 雅生

大庭 雅生
08月26日
この記事のファシリテーター

怪我も少なく、頭を使って楽しめる競技として人気沸騰中の「ブラジリアン柔術」。執筆時はWorld Master Jiu-Jitsu IBJJF Championship 2017がアメリカ・ネバダ州ラスベガス・コンベンションセンターホールにて開催中でした。昨年は日本人選手4人が世界王者になり(階級や年齢があるので複数優勝者が出ます)が誕生。今年も盛り上がり必須です。若い方だけでなく、年を重ねてから楽しめるというのもこの競技の魅力なのかも知れません。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。