初代「ロードスター」からクラシックカーガレージ認証

テュフラインランド、日本での取得第一号はマツダのレストアサービス工場

 テュフラインランドジャパン(横浜市港北区、トビアス・シュヴァインフルター社長)は、マツダの初代「ロードスター」(NA型)のレストアサービスの開始に伴い、日本でクラシックカーのガレージ認証を始めた。

 同認証は、クラシックカーの修理や整備などを行う工場に対する認証。クラシックカーの修理・整備技術、品質、機器・設備のほか、工場の運営や管理、法令順守、顧客対応など11カテゴリーで150項目以上の基準に基づいて監査を行う。

 マツダのレストアサービスでは、マツダが車を預かり、オリジナルに近い状態に自動車をリフレッシュする。同認証取得によって、高品質なレストア作業が実施できることを証明する。

日刊工業新聞2017年8月17日

明 豊

明 豊
08月17日
この記事のファシリテーター

テュフラインランドジャパンでは今後、同様のレストア事業を展開する自動車メーカーや修理・整備工場にもクラシックカーガレージ認証取得を促すことで、レストア文化の普及・拡大を目指していくという。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。