創立60周年に向け名車「ダットサンフェアレディ」の復元に挑む

中電オートリースが若手のメカニックの技術力向上狙う

 半世紀前の名車、復活へ―。中電オートリース(名古屋市南区、渡邉穣社長)は、創立60周年記念事業の一環で日産自動車の小型スポーツカー「ダットサンフェアレディ」(1968年製)のレストア(復元)に挑んでいる。中部電力グループのリース車両整備などが主力の中電オートリース。レストアを通じて技術の維持、向上を図る。

 レストアは16年10月に始めた。20―30代の若手のメカニック約10人が中心となり、平日の終業後や土曜日に作業している。

 60周年にかけて「本当は60年前の車をレストアしたかった」(有田人司理事)が部品の調達環境を考慮しダットサンフェアレディを選んだ。同車は今でもファンクラブや専門のレストア業者があるほどで、旧車にしては部品調達がしやすいという。

 別の車の一部を継ぎはぎした修理跡があったり、シャシーとボディーのずれがあったりとトラブルは絶えないが、チーム一丸となり一歩一歩進んでいる。創立記念日の10月21日までに車検を通過させ、記念式典で走る姿を披露する計画だ。
              

明 豊

明 豊
08月16日
この記事のファシリテーター

1968年といえば自分が生まれた年。ほんと昔の日産は名車が多かったな。それにしても最近は若手技術者の育成で中小企業とかもレストアしているケースをみかける。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。