おしゃれより、おしゃべり?そごう千葉店、売り場4割に縮小

百貨店はファッションを縮小すべきか

 そごう・西武はそごう千葉店(千葉市中央区)の別館「ジュンヌ」を、2018年3月までに全面改装する。売り場面積のうちファッション関連が占める割合を7割から4割に縮小し、カフェやワークショップが楽しめる手芸店などを設ける。衣料品の売り上げ不振が続く中、ファッション以外に着目したり、買いやすい商材を強化したりする動きは百貨店、メーカーともに目立っている。(江上佑美子)

来店動機増やす


 「わたしのキラキラは、お買いものだけでは増えない。」「おしゃれとおしゃべり どっちが好き?ってきかれたら、おしゃべりかな。」―。そごう千葉店はジュンヌ改装にあたり、“モノを売る”あり方を否定するかのような、挑戦的なコピーを掲げた。

 新たな取り組みの一つが、店内のカフェで買ったコーヒーなどを飲みつつ買い物をするスタイルの提案。商品に飲み物がこぼれるリスクがあり、「従来の常識では考えられなかった」(豊田隆信そごう千葉店店長)が、来店動機を増やすのが狙いだ。

 交流スペースとして、10月以降には卓球台も設ける。久保田俊樹そごう・西武取締役執行役員は「社内外から『これほど商品があるのに、買いたいモノはない』『店内にくつろげる場所がない』という声がある」と明かす。

 そごう千葉店を取り巻く環境は厳しい。郊外にショッピングセンター(SC)が増えた影響で、そごう千葉店がある千葉駅周辺では、16年11月にパルコ、17年3月に三越が閉店した。そごう・西武の林拓二社長は業績不振の同社が「事業や商品領域のポートフォリオの見直しで生き残りを賭ける」中、ジュンヌ改装を「新しい施策の一番バッター」に位置付ける。

ネット通販強化


 日本百貨店協会によると、16年の百貨店における衣料品の売上高は1兆8933億円。ここ10年間で約6割に減少した。

 百貨店を主販路としているメーカーも対応を急ぐ。オンワードホールディングスはグルメ領域の通販や、オーガニック化粧品事業に参入した。三陽商会はブランドを絞り込み、17年1―6月期には商品単価を前年同期比で約7%引き下げた。岩田功社長は「百貨店中心の販路を見直す」と、ネット通販などの強化にも取り組んでいる。

 百貨店にとって衣料品は利益率が高く、現在も売上高の3割を占めるカテゴリー。一方でファッションにお金をかける若者は減り、ネットなどに顧客を奪われている。安い商材なら売れるのか、“ファッションを捨てる”覚悟も必要なのか、試行錯誤が続く。

日刊工業新聞2017年8月15日

昆 梓紗

昆 梓紗
08月15日
この記事のファシリテーター

閑散とした衣料品売り場をそのまま置いておくよりも、別のものを取り入れまず賑わいを生み出す方が店舗にポジティブな雰囲気が生まれそうです。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。